無題

2013年 もう若くない!

2011年09月

NEC_0256

久しぶりの快勝と思いきや、最後は同点に追いつかれる一歩手前までいった。
3点のリードがあってよかった。
こういうことがあるから2点3点とる事の大切さを実感した。

DSC01343

震生湖。

芦ノ湖行った日から3連休だったので最終日は気軽に竿を出せる場所へ。

今回は宙釣りからスタート。
ウキが思うように動かない。
天々から浅タナに変えてみる。
ウキが動けど食いアタリが出ない。
セットに変えてみる。
カラツン連発。
苦労しているうちに隣の天々やっている人が釣れ始めた。

どうやら最近は朝のうちは渋いが、天々、両ダンゴで一日通すと良いようだ。
やることすべてが逆行してしまった。
どうも宙は苦手。

釣行日:2011年9月15日
釣場:震生湖
天気:晴れ
釣果:3枚
竿:9尺
棚:メーター
エサ:ウドンセット

DSC01342

またまた遠征。
今回は芦ノ湖!
遠征と言っても実家から75分。
自宅から実家に帰るくらいの距離だ。

湖尻にヘラを釣らせてくれる桟橋がありそこでスタート。
水がとっても透き通っていて、3メートルくらいの底は目視できるくらいだ。
水深も桟橋ちょっと進んだところで21尺いっぱい。
桟橋のオーナーいわく、21尺では短い、最低24尺、できれば27尺がよいとのことだ。
常連らしき人は30尺を振っていた。
30尺!
もう未知の世界です。

芦ノ湖は近年中国人が大量に訪れるほどの有名な観光地。
平日とはいえお昼が近づくと、巨大な遊覧船が動き出し、遊びボートがウキの真横を通る。
特に遊覧船が通過すると数分後に大波となって桟橋に到達する。
桟橋は立つのが厳しいほど揺れ、船酔いならぬ桟橋酔いするほどだ。

それでも最低サワリが出ればいいのだが、ウキは沈黙したまま。
途中万力を割ってしまうアクシデントもあり、2時前に終了。
オーナーと常連の人は型を見たので、魚はいることは確実。また挑戦してみたくなった。
釣れる釣れないより、この環境は何物にも代えられないです。

釣行日:2011年9月13日
釣場:芦ノ湖
天気:晴れ
釣果:0枚
竿:21尺
棚:底
エサ:両ダンゴ

DSC01344

等々力。

始めは木陰になる便所前に行こうとしたのだが、桜の木の下は大量の黒い粒。
上を見ると毛虫がビッシリ!
鳥肌がたち、さっさと桟橋に引き返しました。
一応公園なんだから駆除してくれよー

始めは沖向きで始めたのだが、予想通りジャミアタリのみ。
今日もオデコか・・・と諦めかけていたのだが、常連の人から後ろ向いたほうが釣れるとのアドバイス。
さっそく後ろを向いて始めたら、なんと開始20分で一枚。
その後もポツポツと釣れ続き、この時期にしては上出来なツ抜け。
やはり毎日来ている常連強しといったところか。

釣行日:2011年9月10日
釣場:等々力FC
天気:晴れ
釣果:11枚
竿:9尺
棚:底
エサ:両ダンゴ

DSC01339

ちょっと早いですが9月度の更新。

今回も初めての釣り場。
埼玉県戸田市にある道満河岸まで行ってきました。
ここは荒川沿いにあり道満グリーンパークと呼ばれる大きな公園になっていて、その中の一角に市が管理しているへら釣り場があります。
等々力と同じような感じか。
自宅からは1時間ほど。
環八をまっすぐ進むだけなので迷わず到着することが出来ました。

ここは等々力とは違い魚影は濃い。しかし型は中小中心。
ジャミもクチボソのほか、なぜかキンギョも多いので、エサをうまく合わせないと苦労します。
水深が浅いので風が出たときに少々苦労しそうですが、もう少し涼しくなったらまた訪ねてみようと思いました。

釣行日:2011年8月30日
釣場:道満河岸
天気:晴れ
釣果:44枚
竿:10尺
棚:底
エサ:両ダンゴ

このページのトップヘ