無題

2013年 もう若くない!

2011年04月

DSC01309
等々力。
4月は釣りに行きまくり月間になってしまった。
これはサッカーが延期になり、そのぶん平日休みが増えそれを釣りに回しているせいなのだろうか?
まぁ、平日休みを充実して過ごすには釣りに行くのがいちばん。
試験とかそういうのが入ってしまうと長期間釣りに行けなくなる可能性もあるから、行けるときに行っておこう。

この日は朝から強風でできるだけ風を避けられる場所を選んだのだが、釣れているのは沖を向いている人と浅場の人だけで自分だけ釣れていないようだ。
ポイント選びも釣技のうち。
何年も通っている釣り場なのだから過去のデータからしっかりと見極めきれるようにならないとダメだ。

釣行日:2011年4月27日
釣場:等々力FC
天気:晴れ
釣果:0枚
竿:10尺
棚:段底
エサ:力玉大粒



DSC01308
超久々の熊の池。

ここなら確実に釣れるだろうと期待していたのだが、思ったよりもエサを追ってくれない。
低気圧の影響か、まだ両ダンゴを活発に追う季節ではないのかは分からないが、枚数が伸びず一日悩みながらの釣りとなってしまいました。

釣行日:2011年4月22日
釣場:熊の池
天気:くもり
釣果:30枚
竿:9尺
棚:底
エサ:両ダンゴ

DSC01307

府中HC。
毎回0とか1とかそんな釣果ばかりなので確実にアタリが見られる管理釣り場へ。
しかし到着してみると水が茶色に濁っている。
これで底釣りできるか?と不安だったが釣り始めるとそこそこエサを追ってくれた。
順調に釣っていると自動検量器から「ピーーー」と普段鳴らない音が。
表示を見ると「カカリイン ヲ ヨンデクダサイ」
・・・・・故障である。電源を入れなおすとゼロに戻ってしまった!
聞くと前日も調子が悪かったようでどうやら自分が壊したわけではなさそうだ。
とりあえずよかった。

釣行日:2011年4月18日
釣場:府中へら鮒センター
天気:曇り
釣果:44枚
竿:10尺
棚:底
エサ:両ダンゴ

DSC01306
等々力。
今年に入って等々力でオデコ知らずであったが、ついに途切れてしまった!
毎年この時期は苦労しているが今年も苦労しそうだ。
ウキの真横でモジリがあるのだがエサを追ってくれない・・・

釣行日:2011年4月15日
釣場:等々力FC
天気:晴れ
釣果:0枚
竿:10尺
棚:底
エサ:両ダンゴ

DSC01305
震生湖。

ようやく桜が満開。
こうなると水温が一気に上昇し魚もエサを追うはず・・・なのだが、震生湖はそんなに簡単ではない。
夕方4時まで1枚しか釣れずこれで終わりかと諦めかけていたが、その後急アタリが出始め、その後30分で4枚追加。
なんとも極端である。

釣行日:2011年4月11日
釣場:震生湖
天気:晴れ
釣果:5枚
竿:12尺
棚:段底
エサ:グルテン

DSC01304
新年度の初釣行は等々力。

一応、自分の身は新入社員である。
異動先は慣れないことばかりで戸惑うことがあるが、こうやって竿を振っていれば仕事のことなんて忘れられる。
人間、気持ちの切り替えが大事だ。

しかし春の等々力は難易度が高い。
へらの活性は上がらないのにジャミが活発になるのでちょっと甘いエサを打てばウキが全く馴染まない。
扱えるエサのタッチが限られてしまうので高度なテクニックが必要になる。
カワウの問題も深刻だが、このジャミの多さも問題だ。
ブラックバスでも放せばいいのだろうか(笑)


釣行日:2011年4月6日
釣場:等々力FC
天気:晴れ
釣果:1枚
竿:10尺
棚:段底
エサ:力玉大粒

DSC01303

今月もまとめて投稿。

まずは震生湖。
30日ともなれば桜が満開の季節。
しかし今年は開花が遅く春がなかなか来なかった。
それ以前に桜なんか気にしている余裕がなかったのかも。

ネットもテレビも原発震災のニュースばかりだが、震生湖に来ればそんな事も仕事もすべて忘れられる。
おそらく次の大地震は東京直撃だろう。
その時は自分は生きているかわからないから今を楽しんでおこう。



釣行日:201年3月30日
釣場:震生湖
天気:晴れ
釣果:1枚
竿:12尺
棚:底
エサ:グルテンセット

このページのトップヘ