無題

2013年 もう若くない!

2009年06月

750db5b9.jpg3−2の勝利。

勝ち方は劇的だったが、同点に追いつくまでのプロセスは決してよくない。
ここ最近続いている失点を減らす事を重点におかないと。
攻撃のパターンも守備のパターンも読まれてきているので、控え選手が奮起してくれないとあっという間に4位以下になってしまう。

6ce4cb63.jpg岐阜県の長良川陸上競技場まで行ってきました。

始発電車に乗り、始発の「あさま」で長野まで行き、長野からは「しなの」に乗り名古屋へ。こうすると乗継割引が適用され「しなの」の特急料金が半額になります。
帰りは豊橋まで在来線を使いそこからは新幹線を利用。
久しぶりに「こだま」に乗ったが駅に停車するたびに「のぞみ」に抜かれるのは疲れました・・・

初めての岐阜遠征だったが、岐阜市内の廃れっぷりは本当にヤバイ!
駅前こそそこそこ整備されていたが、商店街はシャッター通りと化し人通りもまばら。たまにお年寄りが歩いている程度。
名古屋が電車で20分くらいにあるので、そっちに人が流れているせいもあるだろうが地方の過疎化の現状を見た感じでした。
ところがスタジアムの中は意外と活気付いていました。
招待券をばら撒いたのかこの日は6千人以上の観客で埋まり、屋根のある席はほぼ満席の状態。地元の名産品の即売会や飛騨牛を目の前で焼いていたり地方ならではの良さがありました。

試合は2−2のドロー。
暑さのせいか、疲労の蓄積のせいか完全に足が止まっていました。
しかしそれは相手も同じ条件。
こういう厳しい試合を確実に勝っていかないと最後に足元を掬われてしまうのだと思う。

daac944a.jpg等々力。

お金を掛けずに一日遊ぶには入漁料750円+エサ代数百円程度+食事代の等々力が一番だと思います。

やっぱりこの日も雨。
前回まあまあだった段底をやってみたがそれが失敗。
常連曰く、雨が降ると冷たい水が底に溜まるからそれを嫌ってへらが上層に移動するから宙が有利との事。
お湯を沸かした直後のお風呂の状態になるわけだ。
状況が毎回違う等々力では、前回いい釣りをしてもそれに捕われてしまうと釣果が伸びないのかもしれない。
隣の人とは3倍近い差をつけられてしまいました。

5年前に買ったデジカメもついに調子が悪くなった。
新しいのを買う余裕が無いので、しばらくの間赤みを帯びた変な写真が続きます。

釣行日:2009年6月11日
釣場:等々力FC
天気:雨のち晴れ
釣果:11枚
竿:10尺
棚:カッツケ
エサ:両ダンゴ

2331d57c.jpg等々力。

朝起きたらまたもや雨。
日焼けして顔が真っ黒になるよりマシ!と考えて、この日もテントを張り一日を過ごしました。
クチボソの猛攻ながら、へらの気配がある。
それでもなかなか食いアタリが出ずに時間だけが経過していきました。
何か変化をつけなければと思い、段底にして再チャレンジ。
クワセだけが残った状態で誘うと小さなアタリが出てポツポツ釣れ始めた。
釣れない時は釣り方に大きな変化をつけると状況が変わる事が多いようですが・・・気づいたのが遅すぎた。

釣行日:2009年6月6日
釣場:等々力FC
天気:雨のちくもり
釣果:6枚
竿:10尺
棚:段底
エサ:力玉(大粒)

1819369b.jpg3−3の引き分け。

好調だった頃に比べると明らかに運動量が落ちている。
個人技でなんとか得点して負けていない状態だ。

こういう時こそ控え選手が頑張らないといけない。
今のメンバーだけで51試合はとても乗り切る事は出来ない。

70850ae0.jpg月曜日は等々力がお休みなので府中へ。

底に魚が居着かない事が多い難しい釣り場なのですが、この日は軟らかめの粘りをつけたエサでなんとか終日ポツポツ拾う事ができました。
それでもちょっと甘いエサだとすぐにうわずってしまい、底釣りをしているのにもかかわらずウキの周りにはへらで真っ黒。
魚影が濃い事にこしたことはないですが、盛期は濃すぎると逆に難しい。
こういう状況はまるで金魚すくいなので、等々力や震生湖など難易度の高い釣り場を選んでしまうのです。

この日の天気予報では晴れ、所により一時雷雨と言っていましたが、所によって仕舞ったようです。
空が真っ黒になりゴロゴロ雷が鳴り出し、そして大粒の雨が・・・。
3回連続雨にたたられてします。
今年は雨男のらしい・・・

釣行日:2009年6月1日
釣場:府中HC
天気:晴れのち雨のちくもり
釣果:51枚
竿:9尺
棚:底
エサ:両ダンゴ

e2a058f0.jpg少し日にちが経ってしまいましたが、前回の土砂降りに遭った次の日、懲りずに再びテント担いで等々力に行きました。

バケツをひっくり返したような雨の一日。
しかしこういう日の等々力は釣れる事が多いのです。
この日も比較的好調で開始早々一枚一枚とポツポツ釣れ始めました。
ただエサがちょっとでも合わないとジャミの猛攻になってしまい終始好ペースとはいきませんでした。
食いが悪くなった時でも一枚を拾うことが出来るようになるのが自分の課題か。

ビショビショになりながらテントの中まで入ってきてエサを奪っていくハト。
生きるためには図々しさも必要なようです。

釣行日:2009年5月29日
釣場:等々力FC
天気:雨
釣果:21枚
竿:9尺
棚:メーター
エサ:両ダンゴ

このページのトップヘ