無題

2013年 もう若くない!

2009年02月

58ea3ba0.jpg今回は多摩川HCです。

この日の天気予報では一日北風が強く吹き荒れるとの事だったが、北風は午前中一杯で止み、午後からは弱風の釣りやすい状況になった。
しかし、最低気温3℃。
魚の活性は一月の頃とあまり変わらず、日の出の時間が長くなったとは言え春はもう少し先のようだ。

あと一ヶ月もすれば桜も咲き始めるというのに。
早く春にならないかなー

釣行日:2009年2月21日
釣場:多摩川HC
天気:晴れ
釣果:14枚
竿:12尺
棚:底
エサ:両グルテン

e3dda8b3.jpg等々力です。

昨日の最高気温が25度。
本日は17度。
水温は朝の時点で11度。
これは魚が動き出して釣れるだろう、と思ったが状況は真冬と一緒。
もじりは遥か沖でしか見られず、夕方になるとだんだん岸のほうに近づいてきて4じ近くなると釣れる典型的な厳寒期のパターン。
一日二日暖かくても、魚にとっては春はまだまだなのだろうか。

釣行日:2009年2月15日
釣場:等々力FC
天気:くもり時々晴れ
釣果:3枚
竿:21尺
棚:底
エサ:両ダンゴ

d40f3e36.jpg震生湖まで行ってきました。
2月になり、夕方暗くなる時間は遅くなったものの、朝の日の出はまだまだ遅い。
写真は6時過ぎの震生湖の丘の上から秦野盆地を撮影したのですが・・・デジカメでは上手く撮れないものですね。

当日は日差しが無かったものの終日無風。
冬としてはかなりの好条件なのですが・・・とにかくウキが動かない!
朝7時頃から夕方4時半まで粘って見ましたが、サワリひとつ出ませんでした。
それなりの食い渋りは覚悟をしていましたが・・・もうこれはお手上げ!
やはり管理釣り場のへらと違い甘くは無いようです。
水温5〜6℃。最低気温1℃。最高10℃。
水温がちょっと低すぎる。せめて7〜8℃にならないと。
これぞ厳寒期の野釣りという一日でした。

釣行日:2009年2月9日
釣場:震生湖
天気:くもり
釣果:0枚
竿:21尺
棚:底
エサ:グルテンセット

39d6ddc0.jpg久しぶりに熊の池まで行ってきました。
本当にここが横浜とは思えない。
釣り場に近づくと、土の匂い、森の匂いがしてくる。
ドブ臭い、ションベン臭い場所で働いていると、昔は当たり前だったこういう環境もとても貴重に感じます。

最低気温は5度と比較的暖かい予報でしたが、現地に着いて気温を測ってみると0℃。
桟橋は霜で真っ白になり、水面からはもやが出ていました。
盛期は軽く100枚越える釣り場も、厳寒期はさすがになかなかアタリが出ない。
それでも先日買った張月という軟らかい竿を使うと竿は大きくしなり、一枚一枚とのやり取りを十分堪能する事が出来ました。
でも、それを味わうために4万円の出費・・・

釣行日:2009年2月6日
釣場:熊の池
天気:晴れ
釣果:23枚
竿:12尺
棚:底
エサ:両グルテン(粒戦まぶし)

このページのトップヘ