無題

2013年 もう若くない!

2006年12月

e8052187.jpg本日は府中HCでした。

釣果は20枚。
前日は記録的豪雨、今日は最高気温が20度以上になる異常気象。
冬は暖かい日は釣れるというわけでもないようです。
いや、釣れてる人は自分の倍は釣っていた。
冬は上手い下手の差がハッキリと表れる。
単に下手なだけでしょう。

朝、釣り場の駐車場に着くとカメラなど撮影機材を持った大勢の人が。
釣り番組の撮影でもあるのかな?と思ったら何とCMのロケ!
池の半分が撮影のために貸しきり状態でした。
スタッフの人に「何のCM撮影ですか?」と聞いたが「それは教えられません」と。
釣りを始めて一時間くらい経った頃に出演者と思われる女優が登場。しかし撮影場所から遠い所で釣っていたので誰だか確認できず!
さらに写真を撮られたくないのか、一般の釣り人を監視する役のような人がいて、撮影風景をデジカメで撮ろうと思ったがトラブルになりたくなかったので断念。
電通だか博報堂だかその下請けだか知らんが、横暴なマスコミ人間は嫌いだ。

過去にへらの釣り堀を舞台にしたCMは知ってる限りでは二つ。
一つは、10年以上前、えんどう豆のスナック菓子のCMで小林亜星が「男は黙ってヘラブナ!」と言っていた。
もう一つはごく最近、痔の座薬のCMで静止画が何コマも流れるやつ。釣り意外もいくつかバージョンがあったはず。(今もやってるかな?)
撮影したCMは一ヵ月後くらいには流れるのかな?
釣り堀で釣りをしているCMが流れたらちょっと注目してみてください。

本日をもって2006年度の釣りは終了。
今年はサッカーがちっとも面白くなかったので釣り三昧の一年となりました。
来年はどんな一年になるでしょうか・・・?
ノロウイルスには気を付けて、残り少ない2006年を過ごしましょう。

955ffded.jpg本日は多摩川HC。

結果は14枚。
夏は軽く100枚越えていたのがウソのような結果です。
暮れの週末、あまり遠出をしたくないからなのかこの日は入る場所が無いほど大混雑。
普段はあまり見かけない自分と同世代の人や女性の姿も見受けられました。

魚は集まってくるが、とにかくハリの付いたエサに反応しない。(何度も同じ事書いてる)
クワセをウドンにしても、グルテンにしても、ハリスを長くしても、バラケを小さくしても、大きくしても、硬くしても、柔らかくしても・・・反応が無い。
冬の釣りの難しさを痛感した一日でした。

朝方まで頭痛と吐き気があったので、もしかしてノロウイルスか!と思ったが、釣りに集中していたら次第に回復してきた。
病は気から、という事か。

736c47e7.jpg本日は熊の池・・・の予定でしたが、着いたら臨時休業日!
朝6時起きした甲斐もなく、等々力に変更しました。

結果はゼロ!
自分だけでなく、毎日来ているような常連を含め半数以上の人がゼロだったのが救い?でしょうか。
ウキは動けども、釣るまでには至らず。
薄暗くなる4時半まで粘りましたがダメでした。

午前中は魚が寄ってきても、ウキの周りでカワウがへらを追っていて釣りになりませんでした。
怒った常連の人がパチンコを取り出しカワウに目掛けてバンバン撃っていたが、当たっても痛いだけなのか、逃げるだけで効果なし。
角張った玉にするか、ボーガンで撃ち殺さないとダメなようです。
釣っている間だけでカワウがへらを飲み込む瞬間を10回は見ました。
これを毎日に換算すると一年で何匹の魚が食べられているのだろう?
自然繁殖と毎年1トンの放流だけではとても追いつけません。

f8fdc87a.jpg本日は等々力。
昨日は隣でバルセロナが公開練習していたらしい。

結果は3枚。
冬の等々力なんてゼロじゃなければ上出来なのでしょう。
そのくらい難しい釣り場です。

寄ってきた魚をいかにハリの付いたエサを食わせるかで、釣り人のウデの差が出てきますが等々力の場合、せっかく魚が寄ってきたのにカワウが桟橋近くまで寄ってきて魚を散らせてしまいます。
カワウは冬が産卵期なので、普段多摩川でエサを食べてるカワウも体力をつけるために等々力のへらを追い回すのです。

捕まえて加工してペットフードなんかにできないものでしょうか。

22396f3e.jpg水曜日は府中HCへ。

釣果は37枚。
これから冷え込むとますます厳しくなります。
釣り堀なので魚はたくさん集まってきますが、ハリのついたクワセエサにはなかなか反応してくれないので、釣り人のウデが試される時です。

この日も朝は霜で真っ白になるほど冷え込んでいましたが、去年の今頃は氷が張るくらい寒かった。
まだマシなのかもしれない。

3d6e12c6.jpg0−3で敗戦。
すっかりアップするのを忘れていました。(する気もありませんでした)

ホームを何度かすっぽかした事もあり、最後に勝ち試合を生で見たのが8月26日の草津戦。
最終戦くらいは何か起こるかもしれないと期待した自分が間違っていたようです。

ここ一年、再び釣りをする楽しさを覚えてしまい、さらに湘南のこの情けない成績が重なり、来期はよほどな事が無い限りシーズンチケット更新しないつもり。

サポは負けているときも苦しい時も応援をし続けなきゃいけない?
どうやらそれはお金や時間に余裕がある人、または自分で何かをやる楽しさを見出せない人の自己満足のようです。
ファンとかニワカと呼ばれて結構。
どんなお店であれ、商品であれ、その魅力が薄れていけば顧客は逃げていきます。
うちは逃げていった客の一人という事。

浮いたシーズンチケット代は釣り竿・・・じゃなくて、クリスマスプレゼントでも買うか。

このページのトップヘ