無題

2013年 もう若くない!

image

久々のアウェイ遠征は富山へ。
仕事明けでそのまま上越新幹線に乗り、越後湯沢ではくたかに乗り換え。
富山着いたら土砂降り。。。

ピッチも水たまりで泥試合になると思っていましたが、意外に水はけがよくそれなりにパスがつながる普通のサッカーしていました。
内容はともかくアウェイで勝ち点3取れたのは大きい。

日帰りだったので何も観光できずそのまま直帰。
家に着いたのは深夜1時近くでした。

image

震生湖。
こちらも6月以来4か月ぶりだ。

この時期の震生湖は長尺の底釣りが楽しめるので18尺で始めたが・・・ウキが全く動きません。
どうも今年は9月になっても暑い日が続き水温が下がらなかったので底に魚があまり居ついていないのだとか。
それでもお昼頃にようやくウキが動き始めなんとか1枚。
でもそれで終了。
典型的な食い渋りの震生湖という感じでした。


釣行日:2012年10月26日
釣場:震生湖
天気:晴れ
釣果:1枚
竿 :18尺
棚 :底
エサ:グルテンセット

image

先制したものの追加点が取れず後半に追いつかれ引き分けにされるのが今年の湘南のよくあるパターン。
今回もそれを象徴するような試合でした。

DSC01440

6月以来4か月ぶりの等々力。

二日前に放流、雨と好条件が重なったせいか、数投からイレパク!
このままのペースで釣れれば等々力で100枚もいけそうな感じでしたがそう甘くはありません。
雨が強くなり冷たい水が流れ込むと途端食いが悪くなり大幅ペースダウン。
それでも等々力での最高記録。
いや、もっと釣れたはず。


釣行日:2012年10月18日
釣場:等々力FC
天気:くもりのち雨
釣果:65枚
竿 :10尺
棚 :底
エサ:両ダンゴ

image

前回の田貫湖以来約2か月半ぶりくらいの釣りは水元公園内溜から。

顔を見れればいいだろうくらいに思っていましたが、意外にエサを追ってくれます!
一時期は入れアタリになって釣れれば尺上。
午後はペースダウンしましたが、飽きない程度にウキを動かしてくれたのでまずまず満足の釣りが出来ました。
ここでの目標は20枚くらいか!?



釣行日:2012年10月13日
釣場:水元公園内溜
天気:晴れ
釣果:9枚
竿 :13尺
棚 :メーター
エサ:ウドンセット(力玉大粒)

image

この日は用事があり午後からの観戦でした。
スコアレスドローは妥当な結果。
決定的なチャンスがあったわけでもなく、ピンチもあったわけでもない。
よくあるJ2中位の試合でした。

image

9月は釣りにも行かず、サッカーも台風で流れた代替試合のこれだけでした。

今までは負け試合も引き分けに持ち込むことが出来たのですが、ちょっとチームのバランスが崩れるとこんな感じ。
もったいない試合でした。

IMG_0082

超久々に見た逆転勝ち、直接FKが決まるシーン。
でも3点4点取れた。
PK決められてたら勝ち点2逃していたわけだ。
こわいこわい。

IMG_0066

先制して2点目取れないから追いつかれるという典型的なパターン。
今年は2点取ってれば勝てたのにという試合が何度もあったが、2点目ってそう簡単に取れるものじゃない。
だからJ2にいるわけだし、団子状態から抜け出せないわけだ。

IMG_0052

試合開始3分前に着いたので、バックスタンドは混んでいると思い、奮発してメインスタンドで観戦。
当日価格4000円。。。

試合は、前半の決定機に決められず、後半に先制される勝てないいつものパターン。
追いついて何とか引き分けに持ち込むことも多かったのですが、今回はそのまま終了。

どうも三ツ沢にはいいイメージがない。

DSC01438

約1年ぶりの田貫湖。

前日は明けでサッカーを見て、次の日深夜2時出発だったので少しだけ寝ようと思っていたのですが、オリンピックのサッカーが始まってしまい結局寝る時間が取れないまま迎えの車が来てしまいました。

朝5時頃到着したのですが・・・雨。
ちょっと下の白糸の滝付近は全く降っていないのに田貫湖に近づくにつれ大粒の雨と霧。
しばらく車の中で待機して小降りになった5時半頃駐車場下の桟橋で準備開始。

エサ打ち開始15分ほどでへらの姿が見えだすのだが、サワリすらろくに出ない状態!
ハリスを長くしたり、エサを軽くしたり、ウキを小さくしたり色々試したのですが、まぐれの消し込みで1枚釣れたのみ!
風も強くなり仕方なく底釣りに変更。
透明度がいいので底がくっきりと見えてしまうのは興ざめだが、次第に底が見えなくなるほど向かい風が吹き始めたのでドボンに変更。
底にエサが安定しているせいか、アタリはそこそこもらえるのだが、どうもドボンはコイのぶっこみ釣りのようで釣趣に欠ける。
それでも釣れないよりはマシだと言い聞かせお昼過ぎまで続け、4つ拾ったところで終了。

本来なら雲の中にどーんと富士山がそびえ立つのですが、一日曇りが続いて全く見ることが出来ませんでした。
残念。

帰りの車の中でも眠れなかったので、前日朝6時半に起きて、寝たのは翌夕方6時過ぎ。
36時間近く起きていました。
そんな状態で眠らず7時間近く動かないウキを眺めていられたと感心します。

今回の釣行記はこれで終了。
7月のものなので8月は釣りに行けず。
10月になったら行けるのだろうか・・・?

釣行日:2012年7月30日
釣場:田貫湖
天気:雨のちくもり一時晴れ
釣果:4枚
竿 :11尺
棚 :底(ドボン)
エサ:両ダンゴ

IMG_0048

8月度の更新はサッカーから。

やっぱり今年も猛暑。
色々忙しくて釣りには行けていないので一日炎天下の下という日は無いのだが、早く涼しくなってくれと思う。
以前も書いたが温暖化ではなく、極端に暑くなったり寒くなったり・・・地球のバランスが崩れているのだろう。
今冬も各地で豪雪、東京でも氷点下が続くと予想!

さて、試合ですが・・・一か月近く前のことなのでよく覚えていません。
勝ったには勝ったけど、危なっかしいシーンが多くよく追いつかれなかったなーと思っていたのだけ覚えています。

IMG_0037

前半の絶好のチャンスを決められなかったのが本当にもったいないような気もするし、終了間際の決定的ピンチを防いで負けずに済んだとも思う。
つまりドローは順当な結果という事かな?

IMG_0027

ロスタイムに失点して引き分け。
もったいないが試合内容からすると妥当なのだと思う。

しかし松本のサポーターは昔の新潟みたいなニオイがするなー

DSC01435

7月度の更新は芦ノ湖から。

去年の夏以来2回目の釣行。
芦ノ湖のへらは今頃がベストシーズンなので気合万全で辿り着くと・・・桟橋の下に大型のヘラがウヨウヨ泳いでいます!
これは期待大!!
短めの竿で大丈夫そうでしたが、見える魚は簡単には釣れなさそうなので手持ち最長の24尺でスタート。

数投でウキが動き始め20分ほどでツンと入る。
やった!と思っていたのだが、なんだか軽い。
上がってきたのは8寸ほどの小さなヘラ。
その後もポツポツと釣れるのですが、掛かるヘラはすべてこのサイズ。
聞くと去年1トンほど放流したのでそれが群れになって泳いでいるのだとか。
朝のうちは群れが寄ると釣れ、散るとウキが動かなくなるを繰り返していたが、お昼頃から向かい風が吹き始め釣りづらくなり午後はさっぱりでした。
結局芦ノ湖の地べらには会えず。

それでも型を見る事すら難しい釣り場で2桁なのだから、まぁ悪くないのかな?

今月度の釣行記はこれだけ。
いろいろ忙しくなり秋頃まで釣りに行けるペースが大幅に減りそう。

釣行日:2012年6月30日
釣場:芦ノ湖(湖尻)
天気:晴れ時々くもり
釣果:12枚
竿 :24尺
棚 :底
エサ:両ダンゴ

このページのトップヘ